2009年10月02日

高島屋が新型インフル対策売り場 保存用食品やマスク、ほぼ全店で

 高島屋は9日から、流行拡大が予想される新型インフルエンザ対策の商品をそろえた売り場をほぼ全店で展開する。保存用食品や感染を防ぐマスクや消毒剤など予防用品が対象。百貨店は高額品が中心だが、新型インフルエンザ向けなど日常的な消費ニーズを拡充し、集客増につなげる。

 全国各店の食品やリビングなどのフロアにインフル対策と銘打った専用売り場を設ける。感染を避け外出を控える人に向けた保存用食品はグループ全20店で販売。缶詰のような通常の保存食だけでなく、ラーメンやうどん、カレー、おこわ、親子丼などのレトルトや真空パックをまとめてセット売りする。価格は3150〜10500円。


posted by 空ちゃん at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。