2009年10月02日

児童らマスク付け鑑賞 新型インフルエンザを警戒

小学生を対象にした劇団四季によるミュージカル「人間になりたがった猫」(舞台芸術センターなど主催)が7日、青森市堤町1の市文化会館で上演され、市内の小学校45校の6年生たちは、新型インフルエンザを警戒してマスク姿で鑑賞した。

 市内の小学校では学級閉鎖が相次いでおり、参加予定だった1校は、他の学年で学級閉鎖があったため観劇を中止した。劇団側もロビーに消毒用のアルコールスプレーを設置。閉幕後にある俳優らによる恒例の観客お見送りは中止された。

 6年生18人が訪れた同市立合浦小学校の工藤寛之教諭(42)は、「マスクは各自で用意するよう呼びかけてきた。きちんと対策を取り、芸術鑑賞の機会が少ない児童に本物の演劇を見せたい」と話していた。


posted by 空ちゃん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。